FC2ブログ

「2019年2月分の収支報告です」

19-02月分収支報告


19-01-28S.png
※輸入薬は注文が1月28日で到着&支払いは2月になっています。

19-02-02S.jpg

19-02-03S.jpg

19-02-04~08

19-02-08~16

19-02-24.jpg



2019年2月のしろくまおの様子

65714593_353097042067747_1718203955982368768_n.jpg

2月1月から引き続き徘徊をしたり、薬はおろかご飯も口にしない
回数が増えました。
酷い時はお水すら飲まない時もありました。
嘔吐や水下痢はありませんでしたが、徘徊やふらつきがありました。
体重は一時期13.2キロまで落ちました。

65047464_2818223961528065_7465866050622455808_n.jpg

65373640_454541312014378_4893820740769415168_n.jpg

アンモニア数値も400~570の間ばかりでしたので
皮下点滴と吐き気止めの注射をしていただきました。
以前は、皮下点滴後しばらくすると食欲が戻るのですが
1月も含め翌日になれば食欲が戻るという事が多かったです。

2月一番高いアンモニア数値570の時に皮下点滴と注射を
した後は、体調も落ち着き、食欲も出てきて
体重は15.04まで戻りました。
1月の体調不良が続いた時、血中に黄疸が出ていたため
目や耳などに黄疸が出ていないかを毎日注意深く
見ていました。
幸いにも血液検査時の血中に黄疸が少し出ている状態だけで
現状維持でした。
1月に比べ皮下点滴の回数は4回と半分以下になりました。


65163471_864762360588948_1769293107364364288_n.jpg

65584120_2320553698162510_6632359605961752576_n.jpg

2月14日からFB友達からいただいた
「菊芋パウダー」
をくまおに与え始めました。
くまおと同じ門脈シャントの子がサプリとして活用している。と
動物病院で偶然逢った方に聞かれ、くまおにと送ってくださいました。
病院で処方されるアンモニア数値の上昇を抑えるお薬と
解毒作用を促すサプリメントを今までくまおに与えていましたが
それらに加え、菊芋パウダーを活用し始めました。

月の半ばから活用し始めましたが、くまおに体質に合ったのか
体重が15キロになってもアンモニア数値が高くならず皮下点滴をしなくて
すみました。

65159270_926157584383195_1758953364441268224_n.jpg

遠く離れていても、くまおの事を我が子の様に心配し
何か良い方法は無いかと思案してくださる方がいてくださり
くまおは本当に幸せだと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

tag : 白くまお 防府市 山口県

「2019年1月分の収支報告です」


2019年1月分収支報告

19-01-03~06

19-01-10.jpg

19-01-10-02.jpg

19-01-14~15

19-01-19.jpg

19-01-19-02.jpg

19-01-19-03~20

19-01-19-04.jpg

19-01-22~24

19-01-25~26

19-01-27~28

19-01-30~302

2019年1月のしろくまおの様子

1月
12月末、徘徊が目立つようになりました。

胸付近に出来た、たんこぶのような物への抗生剤も出ましたが
抗生剤含め、肝臓の薬も口にしなくなりました。

1月に入り療法食、りんごなどは食べても薬入りのさつま芋は全く口にせず
徘徊を繰り返すようになりました。
最低でも1週間に1度、血液検査に行くようにしていましたが
徘徊が頻繁になり、水も飲まなくなったので病院に行きました。

行く途中、車内で嘔吐。

52075962_2041296159321996_265506546002165760_Sn.jpg

病院に着いての血液検査でアンモニア数値636でした。
血液の中に少しですが黄疸が見られました。
かなり危険な数値ですぐに皮下点滴と強めの吐き気止めの注射を
していただきました。

いつもなら皮下点滴後30分くらいで寝るのですが、この日は全く寝ず
徘徊しっぱなしでした。
食事もせず、やっと寝出したのが深夜でした。
たまたま寝出したタイミングが他の保護犬達のお世話を終え
自宅に着く直前でした。
寝出したタイミングで起こすのも可哀想だったのでしばらくドライブをし
帰宅しました。

皮下点滴と吐き気止めの注射は1月だけで
13回通院して行いました。

皮下点滴をしていないと食欲があったとしても気分が悪く
食べたいのに食べれない状況でした。

皮下点滴後、すぐに食べれる時もあれば
翌日にならないと食べれない時もありました。

徘徊がとにかく酷く、一晩中、ウロウロしており
そんな時は点滴後、びくともしないくらい深く寝ていました。

食事をする回数が少なかったので体重は12.7キロまで落ちました。
一時、13キロ台に回復しましたがウエストあたりが
とてもガリガリになっていました。

52426146_1356015724539770_8236162439385710592_Sn.jpg

アンモニア数値は1月3日に636となった後は、一旦262になりましたが
400が平均値で月末に527とまた高くなりました。

また、脳症のひとつでもある攻撃的になり、今まで噛みついた事も無い
他の子に噛みついたりしていました。

1月になってからの徘徊は、今までに無い回数でした。
唯一の救いは排便が普通の便だった事です。
水下痢などになり体重がどんどん減少する状態では無かった事が
良かった事です。

ただ、血中に黄疸が出た事で今後、近いうちに肝不全になると
医師から言われました。
くまおの病状が病状なのでいつ肝不全になってもおかしくない病気なのですが
ずっと言われていた事が現実味を増してきました。
現在は、血中に少しの黄疸ですが、今後、目、耳などにも黄疸が出るとなると
すぐに対処する必要があると言われました。

点滴をしなかった日を除いても1月は月の半分、通院していました。

今までは少し様子がおかしい時でも、私の仕事終わりに連れて行っても
大丈夫な状態でしたが、今回は、時間を置くごとに体調が悪くなるのが
目に見えてわかった為、朝一、病院に連れて行ったり、昼休みに急遽連れて行ったり
していました。

また、くまお以外にも寒さから腸炎になって通院が必要になったり、下肢の麻痺を
おこし膀胱にカテーテルを入れていた子が膀胱炎になったり、遊びから本気の喧嘩に
なってケガした子犬がいたりとくまお以外の通院が沢山出ました。
1日に5匹分の薬が出た事もあり、とても慌ただしい月になりました。

くまおに関しては、徘徊が出た時点でアンモニア数値が高いと判断出来るので
皮下点滴をするようにしています。

52569268_2257431891177730_1329858106909261824_n.jpg



テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

tag : しろくまお 収支報告 防府市

「2018年12月分の収支報告です」


2018-12月分収支報告



18-12-04~09

18-12-23~29

18-12-27.jpg

18-12-27-02.jpg

18-12-29-02.jpg


2018年12月のしろくまおの様子

12月
12月に入ってから、寒さ対策はより一層万全にするようにしました。
とにかく震えていたら温かい場所に移動。または車の暖房の中で休ませる。
というふうにしていきました。

アンモニア数値は、120~278とまずまずの数値でした。
体重も一時、13.8キロと14キロを切りましたが、
今年最後の通院時は14.2に戻りました。
ただ寒さの為か12月4日に便に血が混じる事が時々発生しました。
病院にて腸炎の疑いがあるとの事で抗生剤を処方いただきました。
くまおは、他の子と同じく薬が嫌いですが、
他の子は他の食べ物にくるんだりすると
疑いも無く、一口で食べてくれますが、くまおはいつもと違う物が混ざっていると
なかなか食べません。

50009464_308969529748147_3552904106685235200_n.jpg

また、前歯で少しずつ少しずつ食べるので薬を食べ物に
入れるにもかなり細かくしないとけません。
抗生剤のおかげで程なく血便は治まりましたが、
左前脚と胸の付け根付近にゴルフボール大のふくらみを確認しました。
検査していただき、腫瘍などでは無いと確認。
恐らくどこか強くぶつけたか、他の保護犬とぶつかったかでたんこぶのような物が
出来たのでは?との診察結果でした。

50091104_371839906940443_5189814974683283456_n.jpg

50620497_1991700664466030_2794633995717967872_n.jpg

たんこぶの様なところからは液体が出てきました。
一応、全部液体を出してもらいました。
炎症止めの薬を処方いただき、様子見となりました。

薬を処方いただきましたが、12月31日薬をひたすら拒否し
気づけばウロウロと徘徊
するようになりました。

50455447_327021121481427_5601609854838898688_n.jpg

アンモニア数値も極端にあがっていないし、水下痢になっていないので
くまおの食欲と様子を見ながらご飯と薬をあげるようにしました。

----------------------------------------
尚、この仔達をベストな状態で
譲渡したい為、全て個人で医療に掛けています。
もし良ければ応援をお願いします。

ゆうちょ同士の場合

記号 10210 
番号 38001001

他金融機関からの場合
 
店名 〇二八 (ゼロニハチ)
店番 028 
普通預金 3800100
名義は マツヤマトモコ



セブン銀行サルビア支店
1019571


現在、「しろくまお」の
門脈シャントの治療をしている為
多額の医療費が掛かっています。

----------------------------------

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

tag : しろくまお 防府市 山口県

プロフィール

yatoshizuku

Author:yatoshizuku
FC2ブログへようこそ!

最新記事
お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
QRコード
QR