FC2ブログ

「2016年7月分の収支報告です」

2016年7月分の収支報告です。

当月も継続的な支援も頂いており
とても感謝しています。
医療費も極端に出費する事もなく
しろくまおに関しては存分に医療に
掛ける事ができています。

これも皆さんのおかげだと思っています。

14232393_952285681564523_8294108187130194290_n.jpg

「しろくまおの様子です」

7月に入って2度目の血液検査での
アンモニア数値が「368」とかなり高い数値が出ました。

アンモニア数値は常に上下していますが最近は320くらいまではあっても
350を超える事は稀で350を超えたのは2月以来でした。
その後の通院でも、アンモニア数値は一度「211」となったものの
その後は「310」「322」と高い数値のままでした。

アンモニア数値が高いままの要因ははっきりしませんが
門脈シャントの子は結石になります。
その結石が要因の可能性があります。
門脈シャントの子は、体内のアンモニア数値を
下げるために異様なくらい水を飲みます。
くまおも異様なくらい大量の水を飲みます。
その分排尿の量や回数が多いですが
尿管に結石が詰まる事がたびたびある為、
おしっこを出ずらそうにしたり、痛がったりします。

アンモニア数値が368になった後くらいに
くまおが横になったまま
排尿する事が何度かありました。

最初は、単におしっこする場所を間違えたのかなと思いましたが
横座りしている状態でおしっこをしているのを確認しました。
おしっこの失敗をするとくまお自身も、
いけない事をしたという自覚があるので
その場から逃げたりするのですが
(以前、おしっこをしながら部屋中を移動する時は
、最終的に逃げていました)横座りしながらの排尿は無意識なのか
そのまま座っている状態でいました。

室内での排泄はいつでもできるようにしていますし、
実際、くまおもその場所を使っています。
深夜から明け方にかけては自分で排泄場所に行き
、おしっこをしています。

が、完全にみんなが寝てしまうまでの時間に
何度かこのような現象が見られたので
外への排尿回数を1時間半から2時間の間隔で行くようにしたところ
この現象は減ってきました。

ただし、深夜2時~3時には外への排尿を
したがるのでなるたけ行くようにしました。
横座りおしっこを数回した後、いままでになく大きい結石が出てきました。
結石がうまく排泄されていなかったのも
横座りおしっこの要因の可能性があったと思います。

7月後半、朝からご飯を食べず、
おやつもあまり食べずにいる事が何日か続きました。
ただし、夕方からはご飯を少しずつ食べるようになりました。
嘔吐が無いことから夏バテの可能性もあるので、
ご飯の量を少し少な目にしていき様子を見る事になりました。

結石に関しては、おしっこの出し方などを気を付けてみていき
、血尿が出ないか、おしっこが出ずらくないかを観察し、
場合によってはエコー検査も交えていく事になると思います。
アンモニア数値と結石とうまく付き合っていくしかありませんが
日々様子が違うので注意が必要だと思いました。

また、以前ほど噛みつき行動は出なくなりましたが、
短い時間ですがふとした時に飛びつきながら
噛みついてくる行動がたびたび出るようになりました。

これもアンモニア数値との絡みがあるとの事。
噛みつくのにもかなり勢いがあるので噛まれないようにする事と
散歩中に出た場合は、車に近いところで出ないように
また車に近いところで出た場合は、なるたけ離れた処に誘導するしかなく
また症状が治まるまでは、時間経過を待つしかないのがつらいところです。


なかなか先が見えない状態ですが
気長にくまおと病気に付き合っていこうと
思っています。

2016-07月分

2016-07-03~10

2016-07-07.jpg

2016-07-17~24

2016-07-31.jpg




スポンサーサイト

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

「2016年6月分の収支報告です」

2016年6月分の収支報告です。

本来であれば普段の状況も報告していかなければ
ならないはずなのに
ましてや収支報告が遅れていたにも関わらず
信頼して支援を頂いていることに
心から感謝申し上げます。

14183763_952285631564528_8948534908669949647_n.jpg

「しろくまおの様子です」
6月に入ってすぐの血液検査でアンモニア数値が
300を少し超えたもののその後は200台が続きました。
が、6月中旬から結石が尿管に詰まる感覚があるのか、
おちんちを気にするそぶりを見せる回数が増えだしました。
5月には落ち着いていたベットへの粗相も1度しました。

6月25日、夕方、預かり宅にて胃液を吐く。
その後散歩にて排泄、排便が済み、
少しずつだがご飯を食べ始めたので
いつも通りに食事を与えるも、
食事の20分後に吐き戻しをする。
ぐったり感はないもののアンモニア数値が
高いときにみられる、
落ち着きのない行動が頻繁に現れる。

夜10時に解毒サプリを与える為、吐き戻ししないか
様子を見ながらヨーグルトを与える。
その後、夕飯を吐き戻した為か空腹を訴えるので
肝臓サポートを10粒だけ与え様子をみる。

その後、吐く事も無かったが、翌日胃液を嘔吐。
たまたま翌日は通院予定日だったため、
前日の様子を伝え、検査。
昨夜から食事をあまり口にしていなかったせいか
体重は1週間前に比べて
650グラム減少し13.85キログラム。
アンモニア数値は食事をしていない影響もあり138となる。
血液検査、問診の結果、特に問題が無いので
嘔吐に関しては様子見となる。
肝臓が悪い関係で結石が出来る為、
おしっこの出づらさが常にある様子でした。

こういう状態が続のか?
一進後退の繰り返しです。


2016-06月分
2016-06-05~08
2016-06-12~19
2016-06-26.jpg






テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

プロフィール

yatoshizuku

Author:yatoshizuku
FC2ブログへようこそ!

最新記事
お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
QRコード
QR